桃嶋クリ子的しょわしょわな 日常をつづります。


by budouzuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体

以前の記事

2014年 02月
2013年 11月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

Bookmark

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
犬

画像一覧

◯◯しい

日本の言葉の中に『◯◯しい』という言葉が
実に多いことに車の運転中に気付きました。

そこで『白雪姫』の作品中にどれだけ当て込めるか
やってみたいとおもいます。

とある国に白雪姫というとても『大人しい』『美しい』王女がいました。
彼女の『刺々しい』継母である王妃は自分が世界で一番『神々しい』『美しい』
と信じており、彼女の持つ『ばかばかしい』魔法の鏡も
それに同意したため、満足な日々を送っていた。

白雪姫が7歳になったある日、王妃が鏡に「世界で一番美しい女性は?」
と聞くと白雪姫だという返答が…
白雪姫が『憎らしい』『苦々しい』。
そして自分の将来を脅かす『禍々しい』存在に!

『狂おしい』くらいに怒った『騒々しい』王妃は、
猟師に『忌々しい』白雪姫を森に連行し、殺し、肝臓をとってこい!
と『おぞましい』『厳しい』命令を…
猟師は『初々しい』『眩しい』そして『瑞々しい』白雪姫を
殺せずイノシシの肝臓を持ち帰った。
それを王妃は塩茹にし『美味しい』と食べた。(おぞましい…)

白雪姫は森の中で7人の小人と出会い『嬉しい』。
そして『楽しい』中で暮らすように。

『気難しい』心の『貧しい』王妃は
こりもせず鏡に同じ質問を『鬱陶しい』くらいに聞きました。
『正しい』鏡はやはり『華々しい』白雪姫と!

『悔しい』中キィ〜となった王妃はリンゴ売りに化け、
『生々しい』毒リンゴ白雪姫に売りつけた。
『ひもじい』白雪姫は『美味しい』『素晴らしい』と食べて死んじゃった…
王妃は『目覚ましい』活躍を!!ある意味『いじらしい』人であります。

『悲しい』『空しい』7人の小人は白雪姫をガラスの棺に…
小人たちをこんなに『悲しい』思いにさせた『悩ましい』白雪姫なのであります。

そこにタイミングよく王子が現れ、白雪姫を一目みて、
『愛しい』『恋しい』『艶かしい』と♡(死体なのに…)
そのまま連れて帰って、家来が棺につまずき毒リンゴがころんと飛び出し、
生き返ったとさ。この家来、実に『頼もしい』。

そんで『憎たらしい』白雪姫の結婚披露宴で、
継母は真っ赤に焼けた鉄の靴を履かされ死ぬまで踊らされたそうな…。

実に『恐ろしい』話でしたとさ(笑)


a0259533_2131617.jpg
[PR]
by budouzuki | 2012-02-18 21:03