桃嶋クリ子的しょわしょわな 日常をつづります。


by budouzuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体

以前の記事

2014年 02月
2013年 11月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

Bookmark

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
犬

画像一覧

レ・ミゼラブル

いよいよ『レ・ミゼラブル』第2章が始動!!
2013年の上演に向けてキャストオーディション募集が開始されました。


a0259533_20441575.jpg

『レ・ミゼラブル、キャスト募集のお知らせ』。



レ・ミゼラブルとはクリ子的に簡単に説明すると…
銀食器を盗んだ主人公ジャン・バルジャンの壮絶な人生を描いた物語。
罪と罰、愛と憎しみ、革命と運命、その中で翻弄される人間模様なのであります。

私は2009年の名古屋公演で鑑賞させていただきました。
目的はもちろん『レ・ミゼラブル』と前回も記事にした『山口祐一郎』氏。
そして脇を固める女優陣。

ただ大規模公演になるとダブルキャスト、トリプルキャストは当たり前。
公演日も日によって配役が組み替えられているので的はしぼられます。
祐さまは人気があるのでいい席取りも大変なのでございます。

ミュージカル大好きという訳ではない私は、
観たい物語や観たい俳優次第で観劇に行くのであります。

しかし、2009年のレミゼは…泣けました…。
同じ設定と役でも組み合わせが変われば、全然違うものになるものです。
その日は、一番観たい役者が総動員の日。
案の定、気持ち良いくらい心を持っていかれてしまいました。←(いかれちゃいました。)
鬼気迫る演技、壮大な舞台演出、正直、舞台をなめていました。←(なめちゃってました。)

原作はあの『ヴィクトル・ユーゴー』。
その他の代表作にノートルダム・ド・パリなどもありますが、
もうあれこれ調べなくても、ユーゴー自身の壮絶な人生を感じずにはいられません。
人相からも滲み出ちゃってます(笑)


a0259533_20442135.jpg

『悩み多きヴィクトル・ユーゴー氏のご尊顔』。



文筆家や画家って自分ではそんなつもりなくても、
作品の中にちょこちょこと本人を垣間みてしまうものなんですよね。
どんなに隠しても(笑)

2013年はどんな公演になるのかな?
でも一つ言いたいっ!!
ときどきですが、本当に厳選なオーディションしているのかな?ってことを。
明らかに発声のできていない子が混じっている…
たぶんアイドルではもう売れないから、事務所からの方針転換でミュージカル畑に来た子などを。
なかなか日の目をみなくて、売れなくて、無名でも才能のある原石はいっぱいいる。
そんな中、人気取りの知名度だけで選ぶのは個人的にどうかな?と…

そういうのを感じちゃうとなんだかがっかりしてしまいます。←(がっかりしちゃいます。)
例えるなら、宮崎アニメの最近の声優でもない役者やアイドルの起用みたいな。
餅はやはり餅屋でしょう!!!

何はともあれ、2013年のレミゼに期待です(^3^)

まだ上演には時間があるので、
久々に大好きなジェラール・ド・パルデューのレミゼDVDでも鑑賞します☆


a0259533_20454180.jpg

『ジェラール・ド・パルデュー主演のレ・ミゼラブル』。
[PR]
by budouzuki | 2012-04-08 20:46