桃嶋クリ子的しょわしょわな 日常をつづります。


by budouzuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体

以前の記事

2014年 02月
2013年 11月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

Bookmark

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
犬

画像一覧

10年後の私…。

昨日は、お家全体の大掃除を決行することに…

あっ、掃除は定期的にちゃんとしていますよ!
昨日は不要な物などを分別して、お家も私も身軽になろうかな?と。



お洋服にしても物にしても、
『まだ使えるかも〜』『もったいない〜』なんて言っていると、
どんどん増殖し、埋もれて結局使用しないまま…なんてことも。

これではいけない!!と、
重い腰を上げたのであります。はいっ。

まっ、年末も押し迫ってますしねっ。
今からコツコツお家をキレイに、
そしてスッキリするのもわるくないじゃ〜ぁないですか!



それにしても掃除って不思議…
最初は気乗りしなくても、
掃除をするにつれ、どんどん楽しくなって、
それと共に心もなんだか浄化されていく感じ。

えっ?!
こまめにやっていれば心も毎日スッキリだろうって?

…私は…そんな…素敵…女子に…は…なれませんっ!!
疲れていたらとにかく『睡眠第一主義人間』なのであります。はいっ。笑。



そんなこんなで、あれやこれやを分別していたら、
ひょっこり1枚の画が出てきました。
もう10年以上も前の『私の肖像画』。

a0259533_3331488.jpg






クリ子が15歳からお世話になった、
広告の専門学校の校長先生が個展の時に描いて下さった1枚。
描いてもらったのは20歳そこそこの時…
個展に来場された方を対象に肖像画を描いていらっしゃったのであります。


掃除中にもかかわらず、
ふと、当時のことが走馬灯のようにキラキラと蘇ってきました。


校長先生は私にとっては『おじいちゃん』の様な方で、
孫のように可愛がって下さいました。
※ちょっと破天荒なおじいちゃんでしたが…笑。

私は学校でも最年少で一番近くても3歳上、
顔も性格も幼かったのもきっとあるでしょうね。



そう言えば…この画を見て思い出したことがっ!


校長先生は描き終わった時にこう言われました。
『10年後のクリ子の顔だぞっ!』
『今はまだ幼いから、目元辺りに意思を持たせて描いた!』と…

…確かにっ!!
この画の髪型と目元は今の私に近いかもっ。
※眠たそうな目や鼻の高さは相変わらずだけど…笑。

恐るべしっ!校長っ!!
さすが『前衛的な画家』です。
クリ子はあらためて尊敬いたしました。


そう言えば…余計な事まで思い出してしまった!

校長先生が、かりたトラックを吉野屋の看板にぶつけたことを。(衝撃)
校長先生が、ビルの屋上を作品制作の為にバーナーでまる焦げにしたことを。(驚愕)
校長先生が、所っちゅう昼寝をして授業に出席しなかったことを。(呆然)


…それも今は昔。
私も10年後どころか、
もう少し経っちゃってますしね。はいっ。笑。


そんな素敵なステキな懐かしい思い出…


本当の意味で、
校長先生の描いて下さった画に近づいていたらよいな!
…と掃除に戻るクリ子なのでした。
[PR]
by budouzuki | 2012-11-13 03:34