桃嶋クリ子的しょわしょわな 日常をつづります。


by budouzuki

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体

以前の記事

2014年 02月
2013年 11月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月

Bookmark

検索

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
犬

画像一覧

源氏物語

少し前に生田斗真主演で源氏物語がやっていましたが(見てませんが…)
ん?!今もやっているのかな?…まぁいいか。
でもジャニーズ繋がりで東山を起用するのはどうかと…(さすが、ジャーニー帝国!)

…ということで今日はクリ子的視点で『源氏物語』を語ってみよう。

まず主人公の光源氏。
この人、ときの帝の第二皇子。
彼のパパは身分の低い桐壺更衣を寵愛し、光源氏が誕生。

将来の帝にと考えたがパパだが、跡目争いに巻き込まれる事を考え、
あえて位を下げ、源氏姓を名乗らせることに。
ママは帝に寵愛されたことで、
妬み嫉みいっぱいにいじめられちゃって源氏3歳の時に病死。

そして、帝のもとにママそっくりの藤壷(14歳)がお輿入れ!
あっと言う間にフォール・イン・ラヴっ♡
そこからこの男の禁断の恋愛遍歴が発動するのです(9歳で目覚めたの?!)笑。

語りだしたらすごいことになるので、
ここからは光様と係った姫君たちをドド〜ンと一挙公開。

・藤 壷 → 義理のママで初恋の君。源氏との子供を帝の子として育てる。(完全に詐欺です)
・葵の上 → 気位の高い正室。息子を産んでそのまま永眠。 生霊も関係?!(可哀想な姫君)
・紫の上 → 源氏育成計画(笑)で育て上げられた女の子。最も溺愛された。(完全に犯罪です…)
・明 石 → 愛人。源氏の子を身ごもったが、彼が都に戻ることになり…(なんだか曖昧だ…)
・花散里 → 妻の一人。温和な性格で多芸多才。立場は紫の上の次。(少し地味だったみたい)
・女三宮 → 二番目の正室。別の男の子を産んで、とんずらこいた…(無責任です)
・空 蝉 → 地味だが立ち居振る舞いが抜群。源氏の求めを最後まで断り続けた。(事情が色々…)
・軒端萩 → 空蝉の義理の娘。ママと間違われてそのまま…(えっ?!節操なくない?)
・夕 顔 → 別の人の側室。源氏と出会い恋仲に。生霊に取り憑かれそのまま…(佳人薄命だなっ)
・末摘花 → 没落皇族の一人娘。源氏は関係をもった後で不細工と気付く(顔見なかったの?!)
・源典侍 → 年配の高級女官。若作りで年に合わない言動で源氏をひかせた…(いっ、痛いっっ)
・朧月夜 → 美貌と華やかさで源氏兄に愛されたが源氏との逢瀬がバレ…(光を失脚させた奔放人)
・朝 顔 → 源氏に求婚されたが拒み通した姫君。(えらいっ、あっぱれ!!これが普通の気が…)
・六 条 → 先の帝妃。源氏への愛と恨みから生霊に?!姫達を次々に…(ひっひぇ〜殺人だよ〜)
・その他 → 物語には省略されてますがいっぱいいます☆

はぁはぁはぁ…どんだけいるんだっ!!うっ腕がっ…。
っとこのように、熟女から幼女まで ←(広域だなっ)
不倫、泥沼、◯角関係?、子だくさん。
恨みつらみ…うんぬんかんぬん。
お隣、韓国だったら完全に御用です!

まっ物語なんだけど…
それよりこの物語を書き上げた紫式部の執念にあっぱれ!あっぱれ!!

実際こんな男いたらひくわなぁ〜。(おげっっ)
でも私が男に生まれていたら憧れるのだろうか?(笑)

さてさて、華の平安絵巻物語もこれにて幕を閉じま〜す〜る〜【完】


a0259533_2183582.jpg

『クリ子的、紫式部女史』。
Copyright (C) 2012 studio marron All Rights Reserved.
[PR]
# by budouzuki | 2012-02-08 21:02

クリスタルの旅

近年、パワーストーンブームの日本。
街でも様々なブレスレットをしている方を見かけます。
水晶、ルチル、アクアマリン、などなど…
天然石にも種類がいっぱい。

昔『パワーストーンには宇宙の力が~』なんてフレーズをきいたときは、
うっ、うさん臭過ぎる!!と思ったものです。

しかし、それもまんざらでもなく、
現在高騰を続けているモルダバイトやリビアングラスなどは
隕石が地球に衝突した際に形成されたといわれています。
メテオライトなどもそうです。

まぁ地球自体が宇宙の一部である以上、
地球にあるものは全て宇宙のものになるのでしょう(笑

そんな中、世界中で天然石の採取できる鉱山が相次いで閉山しているのです。
まぁ膨大な需要があればしかたのない事なのですが…

ヨーロッパなどではブレスレットというよりは、
アートなど観賞用として昔から愛されているそうです。

私もクリスタルやアメジストなど
いくつかのコレクションを持っています。

どれも自然のままの形なので、
いびつさや亀裂などもありますが、またそこがいいのであります。
↑人間で言うと、完璧なご尊顔より少々お崩れになっている方が
 良ろしいわ!と言った感じでしょうか。(丁寧語?!)

まぁそんなこんなではありますが、
宇宙→地球.海外→日本→個人→別の人
などなどクリスタルは旅を続けるのであります。

クリスタルの旅はまだまだ続く…


a0259533_85706.jpg





『マイコレクション』。
[PR]
# by budouzuki | 2012-02-07 09:00

ツール・ド・フランス

私は11年ほど前に『ツール・ド・フランス』の存在を知りました。

毎年7月に23日間の日程で、
フランスを中心とした国を舞台に行われる自転車プロのロードレースです。
NHKの特集で見た気がします。

当時『ランス・アームストロング』の連覇中で、
独壇場と言っても過言ではありませんでした。
他の追随を許さず、景色を横切って行く彼の姿は圧巻でした!!

私もここまでは『天から与えられし才能の人』と思っただけであります。
…がっしかし、この人そんじょそこらのお兄さんではなかったのです!!

ツール優勝前は、癌(精巣腫瘍)に侵され肺と脳に転移。
生存率50%のサバイバル状態の中に…
その間、脳の手術、過酷な化学療法と戦い続けた結果…奇跡的に治療は成功☆
小康状態という診断を受けトレーニング再開。
…がっしかし、所属チームからは見捨てられ解雇されていたのです。

その間の筋力&体力を取り戻すため、
リハビリとなみなみならぬトレーニングを積むも身体が思い通りにいかず
引退を考えました…がっ、妻とレース仲間のヨハンに励まされレース復帰。

その後、思いがけず好成績。
不死鳥の如くよみがり、結局1999年~2005年間、
前人未到の7年連続総合優勝という快挙を達成したのであります。

個人総合成績1位の選手に与えられる
黄色のジャージ『マイヨ・ジョーヌ』を着た彼は聖人のように輝いていました☆

おかげで私は自転車好きに♡
マイ車は11年前に買った可愛いプジョー。
女の子(笑)の私ではロードはキツいので、街ちゃりで。
今も新品同様です!!

人はどん底を知ったとき、本当の力に目覚めるのかもしれませんね。


a0259533_1361332.jpg


『7連覇のアームストロング』。
Copyright (C) 2012 studio marron All Rights Reserved.
[PR]
# by budouzuki | 2012-02-06 13:08